建築用コンテナ・特殊コンテナの工場直販 SJ Japan
日本事務所お問い合わせ
レンタルボックス、ストレージ用コンテナを工場直販

貸し倉庫事業用コンテナ|建築確認申請対応

貸し倉庫(レンタルボックス)事業用コンテナ

内部を最大6部屋までに分割して壁で仕切り、それぞれに扉やシャッターの付いたコンテナです。
遊休地などに設置し、レンタル収納スペース事業などに活用することができます。

当社では、1本から工場直販価格にて製造を承ります。
カラーリングも可能ですので、独自のブランド化なども可能です。
ご希望される場合、輸送、基礎工事・設置、建築申請一式もお請け致します。

個人の方でも比較的手軽にレンタル収納スペース事業を始めることができます。
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
コンテナ倉庫やトランクルームなど、国内の収納サービスの市場規模は、年々増えてきています。
今後も都市部では堅調な市場拡大、地方でも緩やかに市場が拡大するとみられています。

「コンテナ倉庫建築」での利点は多数あります。

・設置・建築が数日で可能
・配置換え・移送が可能
・耐久性がありメンテナンスも容易である
・土地の使用目的変更の場合、コンテナの売却が可能
・その他

レンタルボックス用コンテナの種類

◆通常型コンテナ

・海上輸送用コンテナと同じ構造(フレームとパネル一体型)の為、構造計算が困難です。
・使用鋼材は、一般鋼材(JIS認定外)の為、建築申請が出来ません。

◆建築コンテナ

・要所にJIS認定鋼材を使用。ラーメン構造なので建築基準を満たしています。
・鉄厚も階層に応じて日本の建築基準に対応。

※日本国内でのレンタルボックス用コンテナを設置の場合、基本的には建築確認申請が必要です。
 ごくまれに、規制地域外等で建築確認申請が不要な地域もあります。
 その際は、該当地域の行政での確認が可能です。

※建築確認申請の場合は、オリジナル建築コンテナでの申請が必須です。
 通常型コンテナは、鋼材・構造が建築基準に対応外です。
※弊社、㈱エスジェースチールは、日本の建築基準に対応する、建築用コンテナを製作する世界的には数社しかない企業の1社です。

レバー型

20フィート型のコンテナを1~6つに分割し、それぞれの区画にレバーで開閉するドアを設置しています。
10フィート型のコンテナで、正面側にドアを設置したタイプもあります。
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫

ノブ型

20フィート型のコンテナを1~6つに分割し、それぞれの区画にドアノブで開閉するドアを設置しています。
10フィート型のコンテナで、正面側にドアを設置したタイプもあります。
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫

シャッター型

20フィート型のコンテナを2~5つに分割し、それぞれの区画にシャッターを設置しています。
コンテナ中央に通路を通して屋内内側から出し入れができるタイプ、正面側にシャッターを設置したタイプもあります。
当社開発の、シャッターの開閉における騒音を抑制した静音タイプのシャッターも設置可能です。
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫
レンタルボックス・コンテナ倉庫

バイクコンテナ

20フィート型のコンテナを2~4つに分割し、それぞれの区画にシャッターを設置しています。
また、シャッター手前にスロープがあり、バイクの出し入れがしやすく作られています。
正面側にシャッターを設置したタイプもあります。
バイクコンテナ・バイク収納
バイクコンテナ・バイク収納
バイクコンテナ・バイク収納
バイクコンテナ・バイク収納

レンタルボックス用コンテナ ・・・ 購入検討に際して

◆レンタルボックス事業を展開中の事業所様
 お気軽にお問合せ下さい。
 工場直販価格のご提示等、ご案内させて頂きます。

◆遊休地の有効活用でレンタルボックス事業をご検討中の地主様
 土地情報をお知らせ下さい。事業シュミレーションを作成の上、ご提案させて頂きます。

◆初期投資が低額で安定収益が期待できる事業なので、借地での事業所も全国に多数あります。
 立地環境に関係なく集客が期待出来る事業なので、借地料が低額な土地での事業展開が可能です。
 気になる土地が有りましたら、お知らせ下さい。ご提案書を作成させて頂きます。

レンタルボックス用コンテナ ・・・ 購入までの流れ

レンタルボックス事業用コンテナ購入をご検討中の方は是非お問合せ下さい。
高品質のコンテナを「工場直販価格」で販売させて頂きます。

① SJ STEEL 日本事務所にお問合せ下さい。
  お問合せ内容に対して、適切なご案内とアドバイスをさせて頂きます。
② コンテナ倉庫購入のお問合せに対しましては、「提案書」と「見積書]を作成の上、後日送付させて頂きます。
③ ご送付させて頂いた「見積書」の内容に付いての詳細説明を希望される場合は、ご訪問も可能です。
④ 購入に際しましては、売買契約書を取り交わさせて頂きます。
⑤ 売買契約後、工場の製作日程に組込みます。
⑥ 購入金額の決済は、売買契約時に契約金額の50%・納品完了時に残金全額をお支払い頂きます。
⑦ 製作完了・工場出荷~釜山港~ご指定の港 着港
⑧ 輸入通関+特殊検査完了後、港内デポで納品可能です。
⑨ 輸送・設置までのご契約の場合は、ご指定地で納品させて頂きます。
コンテナお問い合わせ